Last updated 2016-09-17 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

横浜市 南区 歯科 妊婦健診 医療連携

横浜市 南区 歯科 妊婦健診 医療連携

医療法人社団山王会 ナガタ歯科



HOME > ナガタ歯科=NEWS


妊婦歯科健診

無料で受けられます

妊婦歯科健診シール.jpg妊娠すると、ホルモンバランスの変化やつわりによる歯みがき不足などが原因で、歯肉が腫れやすくなったり、むし歯になりやすい状態となります。重度の歯周病により、早産・低体重児出産の頻度が高まる可能性も報告されています。ママのお口の中の健康状態が、生まれてくる赤ちゃんに大きく影響します。できるだけ妊娠12週~27週頃に歯科健診を受けましょう。

LinkIcon受診方法はこちら

歯周疾患検診

500円で受けられます

歯周病セルフチェック.png歯周病は、気づかないうちに進行し、最後には歯が抜けてしまうこともある病気です。「歯ぐきから出血する」「歯肉が赤く腫れている」「歯肉がやせてきた」「口臭が気になる」・・・こんな症状があれば歯周病の危険信号です。
横浜市では、市民の歯と歯ぐきの健康を守るため、横浜市在住の満40歳、満50歳、満60歳、満70歳(受診日時点)の市民の方は500円で『歯周疾患検診』を受けられます。40歳、50歳、60歳、70歳の方は、節目検診として積極的に受けましょう。

LinkIcon受診方法はこちら

乳幼児歯科健診後のご相談

0歳から4歳までが大事な期間です

乳健1.pdf当診療室は南区福祉保健センターで実施している
「乳幼児健康診査登録医」として登録されています。

定期的なチェックにより、虫歯予防・お口の機能の発達・むし歯にならない生活習慣の定着についてのアドバイスを行っています。